rikorikoのシエスタ

のほほんと思ったコトを書いてゐます

にんげんだもの ~アインシュタイン~

 

f:id:remonadesmile:20171225163225j:plain

 

この あっかんベー の写真のせいで、

お茶目な科学者だと、勝手に思っていました。

 

 

 

でも、全然違ったみたいです。

アインシュタイン

  

f:id:remonadesmile:20171225185021j:plain

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3

 

 

f:id:remonadesmile:20180115200614j:plain

 

   ☝ XのHIDEもよくこんな顔をしていたなぁ。

    

    きっと、アインシュタインをリスペクトしていたのでしょうね。

 

 

私も会社員時代に良くやってましたねー。 あっかんベー って。

 

理不尽なことを言う上司や、

マナーにはうるさいけど、お金には汚い大お局様に対して。 

 

書類で顔を隠してですが・・・

 

 

 

 

アインシュタインは、

 

ホントは、冗談など口にしない、物静かで生真面目な人だったらしいです。

 

 

72歳の誕生パーティー後、車に乗り込もうとしていた時、

お酒のせいで上機嫌だったので、

記者に声を掛けられて、ついやってしまったワンショットだそう。

 

 

でも、こんな顔をするなんて、

実のところは、おちゃめな人だったんだと思いますけど・・・

恥ずかしがり屋だから、そんな素顔を隠していたんだよー。 きっと。

 

 

アインシュタイン に関する書籍は、あまり出版されていない様です。

 

なぜなら、

書籍として出版するとしたら、

編集員自身が「相対性理論」を理解する必要があるからですって。

 

文系の出版社の社員が、物理学の知識を理解するのは難しいからだ

と著者は分析しています。

 

ふむふむ。 そうでしょうね~。 

 

その気持ち、勉強嫌いの人間にはとっても良くわかるよ。

 

1907年に有名な式E=mc²を発表している。

この年には、箱の中の観測者は、自らにかかる力が慣性力なのか重力なのか区別ができないという、後の一般相対論の基礎となるアイディア(等価原理)を考案する。

アインシュタインはこれを、生涯最良の名案であると述べている。

 

  

そう言えば、見たことあるな! この公式。

高校の時に習ったことが、あるような? ない様な? 

 

なんのこっちゃ? チンプンカンプンです。

 

宣誓! 

私は、終生チンプンカンプンのまま、強く逞しく生きて行く事を誓います! 

 

 

 

なにはともあれ、とても薄い本なので1時間くらいで読み終わります。

 

 

学業に没頭できる、金銭的に恵まれた家庭環境や、

両親の教育方針などによって、後のこの天才の大発見が生まれたようですが、

読み進めて行っても、これと言って特別面白い話はございませんでした⤵

 

 

それよりも、

私はもっと、現代に近い人だと思っていたら、

1879年生まれとは・・・大分昔の人でした。 

 

 

バックトゥザフューチャーのドクも、

アトムの水道橋博士

タイムボカンシリーズのあの科学者も、

みんなみんな アインシュタインをモデルにしているのだそう。

 

 

そんな天才 アインシュタインも、人の子だった。

 

最初の妻との離婚の条件として、

ノーベル賞をとったら賞金は全部やる」

という約束をしっちゃったらしい。

 

そこまでして別れたかったの?

 

実際、全額その妻に渡ったみたいですね~。 

 

なんか、複雑⤵

 

 

アインシュタインだって、にんげんだもの・・・ ってお話でした。

 

 

ご訪問有難うございます。


にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村